豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 豊胸手術

豊胸手術

もともとバストが小さい、出産授乳後バストが小さくなり下垂してしまったという方が、豊胸手術を希望して、仙台中央クリニックに来院されています。豊胸術には、シリコンバッグなどの豊胸バッグによる豊胸手術、脂肪注入による豊胸手術、ヒアルロン酸注入による豊胸手術があります。
豊胸バッグによる豊胸手術は、最もボリュームアップ効果が大きいことが知られています。平坦なバストの方がバストアップをしたい、できるだけ大きなバストを作りたいという場合には、シリコンバッグ人工乳腺による豊胸手術がお勧めです。メスを使用した豊胸手術ですが、しっかりした豊胸効果が得られ、サイズが変わることもありません。

シリコンバッグによる豊胸手術

豊胸バッグを入れるスペースには、乳腺下と大胸筋下の2つの部位があります。小切開を加え、乳腺下または、大胸筋下にスペースを作製して、人工乳房を挿入します。

乳腺下法

乳腺下に豊胸バッグのスペースを作製する方法です。比較的簡単な手技であるために、多くのクリニックで行われています。簡単な麻酔設備で行うことが出来るという利点があります。被膜拘縮が起こった場合、体表から触れやすくなる、平坦なバストに行うと手術したことが分かる不自然な胸になってしまうことがあるなどの欠点があるために注意が必要です。

大胸筋下法

大胸筋下に豊胸バッグのスペースを作製する方法です。バストがほぼ平坦である場合には、どのような種類やサイズの人工乳房であっても大胸筋に挿入するのが良いと考えられています。バストがほぼ平坦なケースは乳腺下に人工乳房を挿入すると、お椀をひっくり返したように人工乳房の形が体表に浮きだしてしまいことがあるからです。大胸筋下法は、ある程度の麻酔設備と、美容外科テクニックが必要であるために、手術を行える施設が限られています。

豊胸手術における切開部位の違い

人工乳房を挿入するために、目立たない部位を小切開する必要があります。切開は部位として、腋窩部、乳輪縁、乳房下縁、側胸部などが用いられています。
乳輪切開、乳房下縁切開、側胸部切開を行っても綺麗に縫合すれば傷は分かり難くなりますが、全く消えることはありません。仙台中央クリニックでは、傷が外表面から見えにくい腋窩切開をお勧めしています。
腋窩切開は、腋窩の小切開から豊胸術を行う方法で、傷は目立たないものの、高い美容外科技術が必要です。クリニックによっては腋窩切開を採用していない施設もあるようです。

モニター写真

豊胸術

術前

術後51日目

29歳 既婚。シリコンバッグによる豊胸手術、腋窩部切開、大胸筋下法
元々バストが小さかった症例です。出産授乳後バストが更に収縮し、全く平坦になってしまったようです。全く平坦になった胸を見ると憂鬱になり、豊胸手術を希望して仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、バストは平坦で膨らみは、ほとんどなく、あまりに大きな巨乳も恥ずかしいというお望みでした。ご本人とよく相談して体に合った、サイズにしてもらいました。バストが大きくなったことで、一度失った女性を取り戻したようだと喜んでいただきました。
クリニックより:出産授乳後バストサイズが多少縮小することは、よく起こることですが、サイズダウンが大きい場合、ショックを受ける方は多いようです。もう女性で無くなったようだと悩まれる方もいらっしゃいます。そのような場合には、シリコンバッグによる豊胸手術が効果的です。シリコンバッグによる豊胸術により、以前のような張りのあるバストに若返ることが出来ます。バストは女性の象徴であり、バストの大きさの変化が女性の心理状態に影響を及ぼすことが多々あるようです。仙台中央クリニックは、出産授乳後の女性を応援しています。

 6票

出産後の豊胸術

術前

術後29日目

38歳 既婚。シリコンバッグによる豊胸手術、腋窩部切開、大胸筋下法
出産前は、バストが大きく、スタイルも良かったものの、出産授乳後バストが縮んで下垂してしまった症例です。ある程度は仕方ないと思われたようですが、若かったころの状態にどうしても戻りたいという思いが強くなり、豊胸手術を希望して、仙台中央クリニックに来院されました。バストの上方部が特に縮んでおり、バストが下垂して見えるのが特に気なっているとのことでした。現在の下垂した状況をできるだけ修正し、張りのあるバストを望んでおられました。豊胸手術の前に、入れる豊胸バッグの大きさを確認して、実際に触って感触を確かめた後に、豊胸手術に臨みました。手術後は張りのあるバストに戻れたと喜んでいただきました。
クリニックより:元々バストが大きい方は、出産授乳後バストのボリュームが減って、垂れて見えることがあります。このような場合豊胸術により張りのあるバストに戻すことができます。仙台中央クリニックでは、ほとんどのケースで腋窩部切開から豊胸バッグを入れますので、外表上、傷は分かりません。

 5票

人工乳腺による豊胸術

術前

術後89日目

24歳 未婚。シリコンバッグによる豊胸手術、腋窩部切開、大胸筋下法
未婚で元々バストが小さくて、悩んでいた症例です。冬は厚着なので目立たないのですが、夏はどうしても薄着になるために、バストが無いことがバレバレで何とかしたいと考えておられましたようです。バストが小さいと派手な洋服や水着が着られないので、思いきって豊胸手術を希望して仙台中央クリニックを受診していただきました。いきなり巨乳にするのも少し恥ずかしいということで、術前に院長と相談して、体に合うサイズにバストの大きさを調整しました。豊胸手術により、バストは綺麗な形になり、これからはファッションを楽しんでいただきたいと思います。
クリニックより:未婚の方に対し豊胸手術は、以前から人気がある手術です。仙台中央クリニックには、変わらず一定の御来院をいただいています。元々バストが小さい方は、ファッションを楽しみたいときにバストが小さいと、それなりの服しか着られないので、制限されてイヤと言われる方が多いようです。バストが小さいことが気になり友達と海やプールにも行けないという理由で、豊胸術を希望される方もいらっしゃいます。豊胸術後は、胸が開いたドレスや、派手な水着にチャレンジできるようになり、ファッションを楽しまれているようです。

 6票
▲PAGE TOP