豊胸手術、脂肪吸引TOP >> シリコンバッグ取り出し

豊胸術後バッグ除去

豊胸術により、シリコンバッグ、CMCバッグや生理食塩水バッグを入れたものの、被膜拘縮を起こし硬くなった。バッグ破裂を起こし左右差のある胸になった、バッグの位置が移動してバストの形がおかしくなったなどにより、挿入したバッグを除去したいという方に御来院いただいています。取り出した場合、胸はつぶれてしまいますので、当院に御来院いただく患者様は同時にシリコンバッグの入替を再挿入行うことがほとんどです。
他院で乳腺バッグを入れたものの硬くなったまたは形がおかしいので、そちらのクリニックにおいて無料で取ってもらえることになったが、入れるのは脇の下から入れたものの取り出すのは乳房下縁または乳輪を切って入れるということで、バストに傷つけたくないので脇の下から取ってほしいと、こちらのクリニックを受診される方もいらっしゃいます。綺麗に縫えば傷は目立たないかもしれませんが、バストにメスを入れるのには抵抗があります。当院ではできるだけ腋窩切開のよりバッグの取り出し、バストに傷つけるのは避けています。
尚、入れたバッグの種類により、取り出しやすい場合と取り出しにくい場合があります。

シリコンバッグ摘出手術

当院では、脇の下を切開して人工乳腺を摘出します。
非常にバッグが取り出しにくい場合は乳房下縁または乳輪に切開を加えバッグを取り出す場合もあります。ただし、乳房下縁または乳輪を切開する場合はごく少数です。
技術的には腋窩切開による取り出しは難しく、乳房下縁切開、乳輪切開の方が簡単にバッグを取り出すことができます。
人工乳腺バッグを取り出したいと希望の方のほとんどは、バッグを大胸筋下ではなく乳腺下に挿入した場合です。同時に人工乳腺バッグの再挿入を希望される場合には、大胸筋下にバッグ挿入のスペースを作り、再挿入します。
もともとやせ形で、バストが小さい場合、乳腺下に入れたバッグが、豊胸術後浮き出て硬く触れることが多いために、乳腺下の挿入は避ける方が良いと思われます。

モニター写真

シリコンバッグ抜去

術前

術後28日目

35歳 既婚。他院人工乳腺バッグ挿入後、バッグ取り出し手術
出産授乳後、バストのボリュームが無くなり、他院にて人工乳腺による豊胸術をしました。乳腺下のスペースに入れたためか、触るとバッグが良く分かり、硬いのでこのままにしておくのが耐えられなくなり取り出し手術を決意しました。手術してもらったクリニックでバッグ取り出しをしてもらおうと思いましたが、無料でやってもらえるとはいうものの、乳房下縁を切ると言われたので、脇の下から取り出してくれるこちらのクリニックにお世話になることにしました。手術は、無痛麻酔でお願したので全く痛くありませんでした。胸はしぼんでしまいましたが、硬い感じが無くなったので、取って良かったです。
クリニックより:やせ形の方で平坦なバストの方が、乳腺下にシリコンバッグを入れると、お椀をひっくり返したような形になったり、バッグが上方に移動したり、被膜拘縮が胸の表面からわかりやすく、硬く動かない胸になったりすることがあります。離れてみれば、良く分からないのですが、触ると一目瞭然であり、シリコンバッグを取ってほしいと希望される方もいらっしゃいます。当院では脇の下からバッグを取り出しています。技術的には難易度の高い方法ですが、胸に傷をつけるのを避ける方法を選択しています。

 7票
▲PAGE TOP