豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 胸が小さい

バスト
豊胸手術
脂肪吸引
女性器整形
臍の美容整形
他院修正

胸が小さい

胸が小さいことに対する悩み

胸が小さい、胸を大きくしたい、と悩んでいる女性は多くいらっしゃいます。丸みのあるふっくらした胸は、多くの女性にとっての憧れです。胸が小さいことをコンプレックスに感じ、自信を失っている方は、少なくありません。胸を大きくすることで、女性としての自信を得て、精神的に安定するケースが多々見られます。

自己努力で胸を大きくする

胸が小さいために、自己努力によりバストアップを試みる方が多くいらっしゃいます。バストが小さい原因は、遺伝のほかに多くの因子があると考えられており、出来るだけ胸が小さい要因を排除することが必要になります。しかし、自己努力によるバストアップには限界があることを知っておかなければいけません。

体の他の部分も細い

ほっそりとスレンダーなのに胸はしっかり大きい、なんていう人はモデルや芸能人でもなかなかいません。一般的に、ぽっちゃり型の女性は胸も大きく、やせ形の方は胸が小さい傾向があります。胸の90%は脂肪組織で出来ており、体の全体的に脂肪が少ない場合、胸にも脂肪が付いていないということが多いようです。やせ形体形で胸が小さい方は、胸を大きくするために、体重増加を図り、ふっくら体形にすることが有益になります。

デコルテが痩せていると胸が小さく見える

デコルテ部分が張っていると胸が大きく見えます。その反対に、デコルテ部分が張っていないと、胸が小さく見えることがあります。胸を大きく見せる意味でデコルテは重要です。デコルテは大胸筋を鍛えることで、張りが良くなりふっくらと見せることができますので、大胸筋のエクササイズは重要です。乳房自体が、小さめでも大胸筋を鍛えている場合は、胸が大きく女性らしく見えますので、胸が小さい方にとって大胸筋を鍛えるエクササイズは、重要になります。

運動が好きな人は胸が小さい

スポーツ選手で胸が大きい人は少ないイメージがあります。運動をしてカロリーが消費されると、脂肪が燃焼されて体脂肪が減っていきます。そのため、胸の脂肪も落ちてしまったり付きにくくなったりして、胸が小さめになるためです。特に脂肪は柔らかい状態の部分から落ちていくため、運動による脂肪燃焼で胸が痩せやすくなります。ダイエットでも、胸から痩せていく、とよく言われるのはこのためです。

食生活に注意する

バランスの悪い食生活は胸を小さくすると言っても過言ではありません。胸を大きくしたいという場合には、バランスの良い食生活を心がけてください。特に、女性ホルモンのひとつであるエストロゲンに似た働きをしてくれる大豆イソフラボンを含む食品や、胸を支える筋肉を作るタンパク質などを摂るように心がけましょう。

無理なダイエットにより胸が小さくなる

女性なら誰もが経験するダイエットですが、実は胸を小さくしてしまう原因でもあります。ウォーキングやランニングなどの有酸素運動だけでも、胸の脂肪も一緒に落ちてしまうことがあります。更に食事制限などの無理なダイエットでは、胸を育てるために必要な栄養素も足りなくなることがあります。スタイルを良くしようと思いダイエットをしたのに却って、スタイルが悪くなる場合があります。ダイエットをするなら、無理な運動や食事制限はやめて、胸まわりの筋肉を鍛えるトレーニングをしながら健康的に痩せるようにするのが良いでしょう。

自己努力で貧乳を解決できない

プールや温泉などに行く際には、貧乳であることがストレスになります。恋愛に対しても消極的になりがちです。エクササイズやトレーニング、背勝環境の改善などで、自力のバストアップを試みるもののバストサイズがアップしない場合には、豊胸手術を考えるのがお勧めです。豊胸手術は、手術を伴う美容整形ではありますが、直後からバストアップを実感することができます。豊胸手術に年齢制限はありません。自分の予定に合わせて行うことが可能です。ただし、未成年の場合は、手術を受ける際に親権者の同意が必要になります。

胸が小さい場合の豊胸手術のリスクやデメリット(稀なものを含む)

  • 内出血や腫れを伴うことがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 術後痛みが続くことがあります。
  • 乳房内及び周辺の知覚鈍麻を認めることがあります。
  • 不自然な胸の形になることがあります。
  • 胸が固くなることがあります。

胸が小さい方の豊胸手術症例写真

胸が小さい

術前

術後23日目

20歳、未婚。胸が小さい、豊胸手術
症例経過:小柄で痩せ型の方の豊胸手術の症例です。思春期の頃から胸が小さいことがコンプレックスでした。成人を迎えてもバストサイズはAカップで、小柄であるために、ただでさえ子供っぽく見られるのが嫌で、せめて胸だけでも大きくして女性らしくなりたいと思い豊胸手術を決心しました。20歳を機に親の同意が要らず自分の判断で行動ができるようになり、意気込んでご来院いただきました。診察したところ、小柄でやせ形の体型で胸は平坦な状態でした。人工乳腺法により豊胸手術を行いました。術中の痛みもなく、術後は憧れの大きな胸になっていました。コンプレックスがなくなり、女性として自信が持てるようになりました。
症例解説:女性の身体の中で、最も女性らしさを醸し出すのが胸の大きさです。胸が大きいと、それだけで女性的な優しさや柔らかさ、包容力なども感じることができます。胸が大きいことが魅了され、男性を簡単に虜にしてしまうことが稀ではありません。また子供から見ても大きい胸の女性には母性や優しさを感じることでしょう。やはり大きな胸は女性のシンボルです。胸が小さい女性にとっては、バストアップは永遠の憧れです。仙台中央クリニックでは、もともと小さい胸の方に人工乳腺による豊胸手術を行っています。眠っている間に脇の下方を切開し、バッグを挿入します。自然な膨らみに仕上がります。傷は後に脇の下の一部となって目立たなくなります。豊胸手術により、作製できる胸の大きさは体幹幅で決まります。その為挿入できるバッグの大きさに限界があるというリスクやデメリットを認めることがあります。効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分な説明を受けて下さい。

 0票
▲PAGE TOP