豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 男性乳輪縮小

バスト
豊胸手術
脂肪吸引
女性器整形
臍の美容整形
他院修正

男性乳輪縮小

男性で乳輪が大きいために悩んでいる方は多くいらっしゃいます。乳輪が大きく、友達にからかわれる、上半身裸になれない、温泉やプールに行けないと、ご相談をいただいています。乳輪のサイズや形状によってはTシャツから透けて見える場合もあり、お悩みは複雑です。

男性乳輪肥大

男性は、乳輪が大きくなると、女性のような胸になりとても恥ずかしいようです。人に見せられない、温泉などに行きたいが友達に見られたら恥ずかしいという理由で、悩まれます。乳輪肥大は、さまざまな理由で起こります。男性の乳輪肥大は、発育と共に徐々に現れるもの、遺伝による先天性のもの、肥満に伴うものなどがあります。乳輪肥大は、乳輪縮小により治療することができます。女性化乳房をきたしている場合には、肥大している胸を小さくした後に、乳輪の切除を行う必要があり、手術が煩雑になります。

男性乳輪縮小の手術方法

男性乳輪縮小術には、乳輪のみを縮小する単純乳輪切開法と、乳房の大きさも同時に小さくする乳房縮小併用法があります。女性の場合と比較して、乳頭や乳輪が小さくなるために手術は難しくなります。

単純乳輪縮小法

単純乳輪縮小法は、乳輪の皮膚を切除し、乳輪を縮小する方法です。手術操作は比較的明快ですが、乳輪皮膚切除量に制限があることが欠点です。そのため極端に乳輪が大きい場合は適応になりません。乳輪の外側部または乳頭外側の乳輪をドーナツ型に切除し、乳輪を縫縮します。乳輪の外側部を切除する方法を外側乳輪乳輪切除法と言い、乳頭の外側部分を切除する方法を内側乳輪切除法と言います。

乳房縮小併用法

乳房縮小併用法は、乳輪とともに乳房が大きい場合に行われる乳輪縮小手術です。乳房が張っていて、それにより乳輪が引き伸ばされているような場合に適応します。乳房を縮小するために乳輪の大きさを思い切って小さくすることができますが、手術操作が煩雑になる欠点があります。

乳輪縮小の適応

  • 男性で乳輪が大きい。
  • 胸が女性のように見える。

乳輪縮小のメリット、デメリットやリスク

乳輪縮小のメリット

  • 乳輪が小さくなり男性的な胸になります。
  • 乳輪がスッキリして、印象が良くなります。

乳輪縮小のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 傷が開くことがあります。
  • 傷が広がることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 乳輪に放射状の皺がよることがあります。
  • 手術後、乳輪の大きさが元に戻ることがあります。
  • 乳輪や乳頭の知覚障害を認めることがあります。
  • 細菌感染伴うことがあります。
  • 内出血や腫れが続くことがあります。

男性乳輪縮小ビフォーアフター症例写真

男性乳輪縮小

術前

術後28日目

20歳、男性。男性乳輪縮小、男性乳輪肥大
症例経過:乳輪が大きく、着替えやプールなどで嫌な思いをしていた症例です。友人から乳輪のことを話題にされるのを避けるために、できるだけ上半身裸にならないようにしていたそうです。そんな気持ちで生活するのが嫌になり、美容整形で治るものなら治療したいと思い、仙台中央クリニックを受診していただきました。診察したところ、乳輪が大きくなっており、内側切除法により乳輪の縮小を行いました。女性のように見えていた乳輪が小さくなり、男性サイズになりました。
症例解説:乳輪が大きいために上半身裸になれないという方は多いようです。Tシャツから乳輪が透けて見えるといわれる方もいらっしゃいます。乳輪が女性のようで恥ずかしいということで乳輪縮小手術をお引き受けしています。治療後は、乳輪縮小により温泉やプールにも入れるようになります。乳輪肥大は、症状や状態により、手術方法が異なるリスクやデメリットを認める場合があります。術前に医師と十分な検討が必要になります。

 0票
▲PAGE TOP