豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 乳首が長い

乳首が長い

半円状で小さな乳首が、綺麗であると考えられています。バストの形が綺麗でも、乳首が長いと、バスト全体が劣化したイメージが強くなり、修正を希望される方が多くいらっしゃいます。乳首が長い状態は、自己努力で修正することは不可能です。長い乳首の修正は美容整形で行うしかありません。

出産後乳首が長くなった

出産授乳に伴い、バストが拡大することはよく知られています。授乳が終了すると共に、バストは急激に縮小し、元のサイズに戻ります。元のサイズより縮んで、垂れたり萎んだりすることもあります。これに伴い、乳首は大きくなり、長くなる場合があります。乳首が長くなると、バストの形は綺麗でも、劣化したイメージが強くなり、コンプレックスを抱える方が多くいらっしゃいます。

再婚するので乳首を綺麗にしたい

妊娠出産後、離婚を経験し、その後新たなパートナーを得て、再婚されるという方から、乳首が長いので治療したいというお問い合わせを多くいただいています。美容的に改善でき、バスト全体が若返りますので、これまでの人生を一度リセットするという精神的な効果も認められます。「コンプレックスが無くなり、もう一度安心してお嫁に行けます。」と、言われる方もいらっしゃいます。

未婚で乳首が長い

長い乳首でお悩みの方は、出産授乳後の方が大多数を占めますが、未婚未産の方でも、乳首が長い方はいらっしゃいます。乳首が長いことで、バストが型崩れして見える、遊んでいるように見える、出産経験があるように見えるという事でコンプレックスを感じるようです。美容整形により乳首を短くすることで、理由のない誤解や偏見から解放されます。

美容整形で長い乳首を治療する

長い乳首を改善するために、仙台中央クリニックでは、Lewis変法を用いて治療しています。縦幅及び横幅の短縮が可能で、乳管も維持できます。特に未婚の場合は、出産授乳の可能性がありますので、乳管を損傷しないように注意する必要があります。

長い乳首を修正するメリット

  • 乳首が小さく、短くなります。
  • バスト全体が綺麗で若々しくなります。
  • バストが劣化している状態が改善します。

長い乳首を修正する際のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 手術後、乳首の大きさに左右差を生じることがあります。
  • 乳頭周囲に傷が目立つことがあります。
  • 切開した部分の傷が白抜けすることがあります。
  • 手術部を擦ったり掻いたりすると、再び乳首が長くなることがあります。
  • 手術後、乳頭の感覚障害が生じることがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。
  • 傷の縫合不全を起こす場合があります。

長い乳首の修正ビフォーアフター症例写真

乳首が長い

術前

術後15日目

37歳、女性。長い乳首の修正手術
症例経過:出産後、乳首が伸びて、下を向いてしまった症例です。友人と温泉などに行きたいと思い、修正を希望され御来院いただきました。診察したところ、左右の乳首が伸びて、下垂している状態でした。また乳首の形が歪になり、変形を伴っていました。乳首を短くして、更に丸くなるように修正しました。乳首を修正することにより、バストが若返り、綺麗になりました。
症例解説:乳首が長いと、胸が崩れて、老けて見えますので、女性にとって大きなコンプレックスに繋がります。乳首を短く、小さくすることにより、胸の形が整い、若い頃のバストが蘇ります。気持ちが若返った、気分が晴れ晴れしたなど、精神面でも利益が大きな治療です。長い乳首の修正手術は、傷が目立つ、腫れが続く、感覚が鈍ったなどのデメリットやリスクが報告されています。術前に十分に説明を受けてください。

 0票
▲PAGE TOP