豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 乳頭縮小と小陰唇縮小同日手術

乳頭縮小と小陰唇縮小同日手術

乳頭と小陰唇の両方が大きい場合、同日に縮小手術を行うことが可能です。出産を経験し、乳頭肥大と小陰唇肥大を生じた方が多いのですが、未婚の方もいらっしゃいます。出産後の方は、乳頭と小陰唇が大きくなり、もう女性ではなくなったかのような消失感を感じている場合があります。未産の方は、遊んでいると思われるのが嫌だと不安感を感じている場合があります。乳頭と小陰唇が大きくなると、お悩みは大きいようです。

経産婦の乳頭縮小と小陰唇縮小

我が子を育て上げた後は、達成感が得られると共に、自分だけに費やす時間ができてゆっくりスパや温泉旅行へ出かけ癒されたいと思います。そんな気持ちと裏腹に出産前とは違う現実の体の変化に戸惑い悩む女性は少なくありません。特に授乳後に起きる乳頭の変化と産後の女性器の変化は周囲に相談しづらく、周囲と比較できないために、美容的な観点からコンプレックスを抱いてしまいます。どうせなら同時に解消してしまいたいと精神的に負担を感じている方が多数おられます。仙台中央クリニックではそんな方々のお役に立てたらと思い、乳頭縮小と小陰唇縮小の同日手術を行っています。

授乳後の乳頭肥大

乳頭の直径の大きくなり、高さがある場合を乳頭肥大と言います。更に乳頭が下向きに下垂してしまっている状態を乳頭下垂といいます。多くの経産婦が抱えるお悩みの1つです。乳頭は体型や胸の大きさによって見え方が違いますが、平均的な大きさは直径1cm、高さ8mmで、小指の先程度の大きさと言われています。女性の乳頭は妊娠すると授乳に備えて赤ちゃんが吸いやすい様に大きくなります。しかし、赤ちゃんとはいえ強く吸われることで長く伸びて垂れ下がってしまい、授乳を終えた後も乳頭の大きさがそのまま戻らない場合があり、その状況を2人目、3人目と繰り返し2倍、3倍となってしまいます。自身の治癒力では戻らなくなり、悩むことになります。

授乳後の乳頭肥大による乳頭縮小術

出産後の乳頭肥大は、多くの人数に授乳された方、長期間の授乳をされていた方に起こりやすいことが知られ、多数の方々が、ご来院されています。一度伸びてしまった皮膚を元に戻すのは、難しく、それを長期に繰り返していたとなると美容医療に頼るしかありません。いっその事、簡単に切って縫ってほしいとおっしゃる方もおりますが、仙台中央クリニックでは乳管機能を温存した治療をお勧めしています。乳管を切断せずに大きさは楔状に切開して縮小し、高さは乳頭の根元部分の皮膚をドーナツ状に切除し縫合します。この様に適切な施術を行うことで乳管を損なわずにバランスの良い形に整えることが可能です。

出産後の小陰唇肥大

小陰唇の大きさや形、色素などは一般的に先天性の要素が大きく様々で個人差があります。その中でも日本人女性の小陰唇は1~1.7cm幅と言われています。それよりも大きいからと言って必ず治療しなければならないという訳ではありませんが、出産や加齢などによる物理的刺激やホルモンバランスの影響でより肥大すると、美容的に醜形をきたします。肥大することで以前より小陰唇が大陰唇から大きくはみ出し、弛んでぶら下がって見える様にもなります。その上、伸びたことにより擦れて痛みや色素沈着起こしたり、炎症を繰り返したりと見た目だけではなく時には生活に支障をきたしたりします。乳頭と同様で1度、伸びてしまった皮膚は元には戻りませんので、切除が必要になります。

出産後の小陰唇縮小

小陰唇は大陰唇の内側にある左右一対の襞で、通常は尿道口や膣を細菌や刺激からの、保護機能の役目を担っています。小陰唇が肥大する事で大陰唇との間に汚れが溜まりやすくなり、悪臭や不衛生の原因となり、炎症を起こすこともあります。摩擦による黒ずみや垂れ下がるために、グロテスクに見えます。小陰唇縮小は肥大した小陰唇をバランス良い大きさに整えながら 小さく切除をする手術で、30分程度で終了します。肥大するほど血流が豊富になりますので、その縫合技術とデザイン力が重要となります。黒ずみが濃くはみ出した外側部分を切除する事により、色素が薄くなった様に見せる効果があります。粘膜組織ですので傷跡が目立つことが殆どありません。

未産婦の乳頭縮小と小陰唇縮小

未婚未産の方で、乳頭が肥大し、小陰唇が黒く大きくなっているために、同日に手術を希望されることがあります。経産婦の方と比較して、肥大の程度は低いことが多いのですが、出産経験があると思われたらどうしよう、遊んでいると思われたらどうしようと、悩みの程度が大きいことも多いようです。

乳頭縮小と小陰唇縮小の同日手術の適応

  • 乳頭縮小と小陰唇縮小は以下の様な場合に適応があります。
  • 入浴時などで自分の姿を見るたびに精神的に負担を感じている。
  • 乳頭と小陰唇が常に折りたたまった状態になっていて、違和感がある。
  • パートナーから大きいことを指摘されたことがある。
  • 乳頭と小陰唇が肥大し女性としての自信を失ったので、縮小して自信を持ちたい。
  • 出張や旅行の予定が多く、仲間や同僚との入浴が避けられない。
  • 休みの予定が不規則なので、出来るだけ通院を減らしたい。
  • 遠方からの来院なので、通院回数を減らすために、1度に手術を受けたい。

同日施術のメリット、デメリットとリスク

同日施術のメリット

  • 乳頭と小陰唇は、服の下に隠れ、普段人に見せる場所ではないので、周りに気付かれずに手術が可能です。
  • 手術直後は、入浴やスポーツ、性交渉などの施術後の制限がありますが、同時に制限が解除されますので、ダウンタイムが短縮できます。
  • 別々の日に行うより、通院の回数を減すことができます。
  • 1度にコンプレックスや、精神的負担を解消することができます。

同日施術のデメリットとリスク

  • 乳頭縮小術と小陰唇縮小術は、いずれも30~40分程度の施術ですが、手術当日は、合わせて2倍の手術時間が必要になり肉体的な負担が増えます。
  • 乳頭縮小と小陰唇縮小を同日に行った場合でも日帰りできますが、念のため手術後に長めに休んで頂いてから帰宅していただきます。クリニックでの滞在時間が長くなる場合があります。
  • 乳頭と小陰唇は、いずれも出血しやすく、術後出血のリスクがあります。
  • 術後、乳頭及び小陰唇感覚が鈍ることがあります。
  • 傷の治り方には個人差がありますが、稀に傷が気になる場合があります。

乳頭縮小と小陰唇縮小同日手術

乳頭縮小と小陰唇縮小同日手術

術前

術後36日目

43歳、バツイチ。乳頭縮小、小陰唇縮小手術
症例経過:2度の出産と授乳を経験し、子育てが落ち着いた頃には、乳頭も大きくなって、小陰唇が黒く肥大していたことに気付いたという症例です。離婚して独り身になったことをきっかけに、女性としての自信を喪失したままではいられないと思うようになり、仙台中央クリニックに御相談いただきました。人と比較できないので自己満足ですが、これまで人生を歩んできて自分へのご褒美という意味で、乳頭縮小と小陰唇縮小の同時手術を希望されていました。なかなか相談しづらいデリケートな部分だからこそ少々不安や心配があったそうですが、いっそのこと1度で同時に手術してもらおうと考えられて様です。診察したところ、乳頭は肥大してやや下垂していました。小陰唇は黒く大きくなっており、大陰唇からはみ出して痛みや痒みを伴っていました。同日に小陰唇と乳頭の縮小を行い、精神的に解放され、思いきって良かったとおっしゃって頂けました。
症例解説:小陰唇肥大は加齢や出産などのホルモンバランスの影響で起こると言われております。肥大し伸びることで刺激や摩擦を受ける面が拡大し色素まで黒々と変色します。小陰唇縮小術は、変色し、はみ出している部分を切除する手術ですが、元々が不整形をしているために、一般的な形に整えるためには、豊富な経験とデザイン力重要となります。また乳頭肥大は妊娠中から肥大し始め、授乳中に赤ちゃんが吸い付くことで長く伸び、終えた頃には垂れ下がってしまいほぼ元に戻ることはありません。仙台中央クリニックでは乳管機能を温存し、縮小を行っています。人と比較することが難しくてもコンプレックスを抱きがちな部位だからこそ、お一人で悩まずにご相談ください。周りに気付かれずに同時施術が可能です。小陰唇縮小や乳頭縮小は、術後出血や細菌感染のリスクや副作用が知られています。手術を行うに当たり、十分な説明を受けてください。

 0票
▲PAGE TOP