豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 女性器左右差

女性器のビラビラ、ヒダの左右差

女性器のヒダ、ビラビラの大きさが違うために悩んでいる方から御相談をいただいています。片方が異常に大きくはみ出してしまう、擦れて痛い、痒いなどの悩みをお聞きします。美容的な見た目の問題や、衛生面が保てない、痛みや痒みの症状が強い場合は手術の適応になります。

陰部ビラビラの左右差修正手術

片方のヒダのみを縮小する場合もあれば、両方のヒダを治療する場合もあります。あくまでもその方の症状と、希望により方針を決定いたします。比較的短時間の手術で、ほとんどの場合1回のみで治療は終了します。手術後クリニック内でしばらく休んでから帰宅していただいています。
左右差修正手術により、大きさや見た目が良くなり、更に痛みや痒みも改善します。治療効果が大きく、「もっと早く来ればよかった。」と喜んで頂けることも多々あります。

女性器左右差修正の適応

  • 女性器に左右差があり、美容的に醜形をきたしている。
  • 女性器が非対称で、劣化した印象を受ける。
  • 女性器の片方のみ、色が黒い。
  • 女性器の片方が、はみ出して垂れている。

女性器左右差修正のメリットやデメリット

女性器左右差修正のメリット

  • 女性器が、いわゆる普通の形になり、変形した感が無くなります。
  • 女性器の醜形が、改善します。
  • 女性器の色素沈着が改善し、女性器が黒々とした感じが減ります。
  • 女性器が若々しくなり、劣化した感じが無くなります。
  • 女性器が垂れ下がり、はみ出すことが無くなります。

女性器左右差修正の注意点、デメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 女性器を左右ぴったりに合わせることができない場合があります。
  • 出血が止まり難いことがあります。
  • 細菌感染を合併することがあります。
  • 稀に、性感が鈍くなることがあります。
  • 稀に、傷が目立つことがあります。

女性器ビラビラ左右差修正症例

小陰唇縮小

術前

術後28日目

25歳、未婚女性。女性器のビラビラ左右差修正
陰部のヒダの左右差により悩んでいた症例です。片側のみが大きく大陰唇からはみ出して垂れ下がるために、見た目が悪いことを気にされ、仙台中央クリニックを受診していただきました。右のヒダが大きく色素沈着も認められました。衛生的に不良であるために切除して大きさを整えました。左右差が無くなり、見た目が良くなると共に、痛みや痒みも改善しました。
クリニックより:女性器のビラビラ、ヒダに左右差がある方がいらっしゃいます。誰にも相談できないということで、お悩みは深刻の様です。美容的に気になる、衛生状態が悪い、痛みや痒みがあるなどの場合は、手術の適応になります。比較的短時間の手術により治療可能です。御相談頂きたいと思います。

 4票
▲PAGE TOP