豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 小陰唇のビラビラが大きい

小陰唇のビラビラが大きい

小陰唇のビラビラとは

女性器の一部で、クリトリス包皮と連続するように始まり、尿道口と膣口の両脇にある襞状の薄いヒダのことを言います。平常時は、左右のヒダが閉じて尿道口や膣を守る働きをしています。

ビラビラの肥大

小陰唇のビラビラが肥大すると、見た目が悪くなると共に、臭いがきつくなります。更に痛みや痒みの原因となることが多く、症状が進行すると日常性が阻害されることがあります。

ビラビラが大きいことによる悩み

小陰唇のビラビラは、妊娠出産に伴い大きくなることがあります。未婚の方でビラビラが大きい場合には、男性経験が多いと思われるのではないか、妊娠経験があると思われるのではないかと気にする方がいらっしゃいます。また、バツイチで新たなスタートを切りたいと考えている方は、ビラビラが大きいと恥ずかしくて男性と付き合えないという方もいらっしゃいます。このような場合には、縮小手術の適応になります。

ビラビラが大きいことによる症状

  • ジーンズを穿くと、挟まって違和感が出ることがあります。
  • 自転車に乗るとき、ぶつかって痛みを生じることがあります。
  • 大陰唇からはみ出して垂れ下がることがあります。
  • お尻からはみ出して、かがむと後ろから見えることがあります。
  • 痛みが出現することがあります。
  • 痒みが強くなることがあります。

小陰唇のビラビラを小さくする手術

小陰唇のビラビラを小さくする手術を小陰唇縮小手術と言います。通常は局所麻酔により行います。痛みに弱いという方は、静脈麻酔を併用して痛みを感じることなく手術を行うことが出来ます。ビラビラのサイズが大きくなればなるほど血管が豊富になりますので、術後出血に注意する必要があります。時間は30分程度で終了します。術後はクリニック内でしばらく休んで、血が止まったことを確認した後に帰宅していただいています。

小陰唇のビラビラを小さくする手術のメリット

  • 痛みやビラビラの部分の痛みや痒みが改善します。
  • 黒ずみが取れて綺麗になります。
  • 衛生管理がしやすくなり、臭いが改善します。
  • 精神的に若々しさを取り戻すことが出来ます。

小陰唇のビラビラを小さくする手術のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 術後出血を伴うことがあります。
  • 性感帯が障害されることがあります。
  • 性感が鈍くなることがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 傷が離解することがあります。

小陰唇のビラビラが大きいビフォーアフター症例写真

小陰唇のビラビラが大きい

術前

術後34日目

26歳、既婚女性。小陰唇のビラビラが大きい
症例経過:未婚時からビラビラが、やや大きかったという症例です。妊娠出産後、ビラビラらが更に大きくなり、痛みや痒みを伴うようになったために、縮小手術を希望して仙台中央クリニックを受診していただきました。ビラビラは大きくなり、黒ずみもありました。縮小手術により、小さくして形を整えました。黒ずみの部分も、ほとんど切除することが出来ました。
症例解説:小陰唇のビラビラが大きくなると、ジーンズを穿いた時や自転車に乗った時に、挟まれたり押し付けられたりして、不快感を伴うことがあります。更に進行すると、痛みや痒みを感じることもあります。その為、治療を希望する方から御相談をいただいています。30分程度の手術により症状を改善させることが出来ます。小陰唇のビラビラを縮小する手術は、出血を伴うことがある、性感が鈍くなることがあるなどの、リスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けて納得してから手術に臨んでください。

 0票

小陰唇のビラビラが大きい

術前

術後35日目

41歳、未婚女性。小陰唇のビラビラが大きい
症例経過:ビラビラが大きいことを、とても気にしていた症例です。友達から温泉旅行などに誘われるものの、とても恥ずかしいので断っていたという事でした。コンプレックスを解消して楽しい人生を送りたいと思い、仙台中央クリニックに御相談いただきました。小陰唇のビラビラが大きくはみ出して、垂れ下がっていました。また色素沈着を起こし、黒ずみも認められました。ビラビラを縮小することにより、はみ出さなくなり、美容的に改善されました。
症例解説:小陰唇のビラビラがはみ出して、垂れ下がることを、コンプレックスに感じている方が多くいらっしゃいます。男性と付き合えないと、深刻に考えているケースもあります。30分程度の手術により改善させることが出来ますので、御相談いただきたいと思います。痛みや痒みなどの症状も無くなり、生活が快適になります。小陰唇のビラビラを縮小する手術は、体質により傷が目立つことがある、傷が離解することがあるなどの、リスクやデメリットを認めることがあります。術前に十分説明を受けてください。

 0票
▲PAGE TOP