豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 巨乳手術

巨乳手術

巨乳になりたい

女性の胸は、美の象徴です。おっぱい星人と言う言葉が有ることや、巨乳を売りにするグラビアアイドルが多く存在することから考えると、女性も男性も、大きく綺麗な胸に対するあこがれが強いと考えるのが妥当です。そのためか、巨乳になりたい、できるだけ胸を大きくしたいと、巨乳整形を希望する女性が多くいらっしゃいます。仙台中央クリニックは、積極的に巨乳手術をお引き受けしています。

せめてDカップは欲しい

巨乳とは、一般の女性より大きな胸を表現する言葉ですが、どこからが巨乳であるかは明確ではありません。巨乳手術緒希望される女性に話を聞くと「せめてDカップは欲しい。」と言われることが多く、一般的にはDカップ以上を示すのではないかと考えられます。

出来ればFカップかGカップになりたい

巨乳整形希望の方は「できればFカップかGカップになりたい。」と言われることが多く、、Fカップ、Gカップあたりを目指しているようです。Dカップ、Eカップ、Fカップ、Gカップ、Iカップと希望のカップ数が大きくなればなるほど、巨乳手術は難易度が高くなります。また胸の横幅、胸郭幅が小さい場合、巨乳にできる大きさに限界が生じます。仙台中央クリニックでは、巨乳手術の前に現在の胸の状態を診察をして、無理のない巨乳手術を施行しています。

巨乳は得ですか?不便ですか?

下着メーカーの調査によれば、日本人のブラジャーのカップ数は、30年前と比較すると明らかに増加しており、そのため貧乳、微乳の方は、徐々に少数派になりつつあるということが明らかになっています。そのために、できるだけ胸を大きくしたいという女性が増加しているようです。巨乳の方は、男性の注目を浴びる、派手な水着を着こなすことが出来る、彼氏に喜ばれる、などの多くのメリットがあります。巨乳整形希望者にお話を聞くと、巨乳になったら、ノーブラで街を歩いてみたい、谷間を見下ろしてみたい、バストを机の上に乗せてみたい、谷間にボールペンを挟んでみたいと、これまで貧乳のためにできなかった大胆でセクシーなことにもチャレンジしたいと言われます。しかしその反面、バストが重い、男性の視線が胸に集中しすぎる、太って見える、というデメリットも知られています。
仙台中央クリニックでは、胸をどこまで大きくしたいか、ご本人の希望をよく聞いて、体格や、術前のバストの大きさ、などを総合的に判断して巨乳手術を行っています。巨乳になったために得をしたという手術を目指します。

巨乳手術のビフォーアフター写真

巨乳手術

術前

術後14日目

33歳、バツイチ。巨乳手術
Cカップだったバストが、出産授乳後Bカップになってしまった症例です。離婚を経験したことで、新しくスタートを切るに当たり、どうせ整形をするなら大きく若々しい胸になりたいと、巨乳手術を希望されました。
診察したところ、胸全体の容積が減り、つぶれて垂れてしまっており、ブラに隙間が出来ている状態でした。バストに張りを出し若返らせると共に、谷間が強調されるように、巨乳整形を行いました。服を着たままでも胸が大きいことが分かり、更に谷間が明らかなGカップ巨乳になりました
クリニックより:最近のビジュアル系アイドルは、胸の大きな女性が多く、多くの女性が巨乳を望まれるのが分かります。できるだけ大きな胸を作りたい、巨乳になりたいと巨乳手術を希望される方が増えています。巨乳手術は一般の豊胸手術に比べ手術の難易度が高くなることを御理解いただきたいと思います。巨乳手術は胸の整形手術の名医に、詳細な診察を受けて、お願いすることが得策です。

 4票
▲PAGE TOP