豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 処女膜再生

処女膜再生

処女膜とは

処女膜とは、膣の入り口にある薄い襞で、膣内にゴミや異物が入らないようにする役割があると考えられています。初めての性交渉で、破れて出血することから、純潔の意味を持ち、重要と考えられてきました。

処女膜再生

望まない性交渉や事故により破れた処女膜を縫合し、処女膜を再生する手術が、処女膜再生です。破れた処女膜を縫合して、純潔を取り戻したいという方や、過去と決別したい、形の崩れた女性器の見た目を整えたいという理由から、処女膜再生を希望する方が増えています。
つい最近までは、処女膜再生を希望されるのは、純潔を求める未婚の方がほとんどでした。しかし最近は、離婚をきっかけに処女膜再生を行う場合や、過去と決別したいということで熟年の方が行われる場合もあります。処女膜再生は、肉体的と言うより、精神的な要素が大きくなっているようです。

モニター写真

処女膜再生

術前

術後

25歳、未婚女性。処女膜再生
過去に望まない性交渉の経験があり、処女膜破裂をきたしていた症例です。今回結婚を考えるパートーナーが出来たために、処女膜再生を希望して、仙台中央クリニックを受診していただきました。処女膜には複数の裂傷が認められました。残った処女膜を引き寄せて縫合し、元通りに再生することが出来ました。これまで引きずっていた経験から決別できて、精神的に楽になったと喜んでいただけました。
クリニックより:これまで処女膜再生は、最初の性交渉で出血するという肉体的な面が注目されていました。しかし最近は、過去の苦い経験を、処女膜再生を行うことでリセットし、新たなスタートを切りたいと考えている方が増えてきており、精神的要素に注目が集まっています。処女膜再生手術後、気持ちが楽になったと喜んで頂いています。手術後再スタートを切っていただけることと思います。

 2票
▲PAGE TOP