豊胸手術、脂肪吸引TOP >> 結婚婚活に向けた豊胸手術

バスト
豊胸手術
脂肪吸引
女性器整形
臍の美容整形
他院修正

結婚に向けて豊胸手術をしたい

結婚に向けて豊胸手術を考える方が多くいらっしゃいます。結婚は人生最大のイベントです。自分が最も美しく見える状態で結婚式に臨みたい、将来まで残る記念写真は出来るだけ綺麗に映りたいと考えるのは、当然なことです。そのためにはより魅力的なドレスを素敵に着こなす必要があります。しかし胸が小さく、露出の多いウエディングドレスを着こなせない、胸がスカスカで子供みたいという状態では、主役の自分をより美しく演出することはできません。何とかして自信を取り戻して結婚式に臨みたいと考えて、豊胸手術を希望されます。

婚活に向けて豊胸手術をしたい

適齢期を迎え、結婚を望む女性は多くいらっしゃいます。婚活に臨みたいものの、胸の悩みを抱え、恥ずかしくて彼氏ができない、積極的になれない、という方から、豊胸手術のご相談をいただいています。女性の象徴である胸を大きくして、女性の自信を身に着け婚活に臨みたいという気持ちのようです。

男性から見た胸へのこだわり

背が高い人がいい、がっしりした体格の人がいい、マッチョの人に憧れるなど、女性でも男性の体形にこだわりのある方がいらっしゃいます。好みの女性を選ぶ基準として、胸の大きさを重要視する男性も少なくありません。女性のシンボルである胸に憧れを持ち、胸のサイズが大きければ大きいほど良いと考える男性もいらっしゃいます。

おっぱい星人

女性の胸、乳房に対する興味や関心が高い人を指す俗語としておっぱい星人という言葉が定着しています。その発祥は定かではありませんが、1990年代に、タモリとヒロミがテレビ番組で自分たちの嗜好を表現する用語として使い始めたと考えられています。当初は、巨乳の人、胸の大きな女性を意味していましたが、途中から巨乳好きの男性と意味が変化し、現在に至っているようです。おっぱい星人という言葉の存在は、男性がいかに女性の胸に対し憧れを抱くかを明らかにしています。女性の大きな胸は男性に対し、アピールポイントであり、婚活に対し有利に働くと考えられます。

胸にコンプレックスを抱えている

女性にとって胸の悩みは尽きないものです。胸が小さかったり、大きかったり、離れていたり、垂れていたりなど、胸にコンプレックスを抱えている方は多くいらっしゃいます。仙台中央クリニックでは、結婚前に胸のコンプレックスを解消したいという方のご相談を受け付けています。綺麗なバストに導くために、自分の胸と向き合ってみましょう。仙台中央クリニックは、胸のコンプレックスに向き合う女性を応援しています。

胸が小さくてドレスが着こなせない

胸が小さくて谷間ができない、胸が小さいので素敵なドレスを着ても貧弱にしか見えない、バストに関するコンプレックスは、胸のサイズに関する悩みです。結婚式ということになれば、ストレスは大きくなってしまいます。胸だけが女性の魅力ではないと、頭ではわかっていても、巨乳女性に注目する男性陣を前にすると圧倒されてしまいます。せめてもうワンサイズ大きかったらと悩むことになります。胸の大きさに関する悩みは豊胸手術により、解消することができます。

胸のバランスが悪い

離れ乳、左右の形が違う、大きさだけではなくバスト全体のバランスが悪いという場合には、豊胸手術が有益です。豊胸手術により、誰もが見とれる美乳を手に入れることができたら、思わず見て、見て!と自慢したくなるのかもしれません。

胸が垂れている

胸が垂れていて形が悪い、人に見せられないということも胸の悩みの一つです。加齢による筋力の衰えや、ハリの減少は、多くの場合自己努力により解消することはできません。深刻な下垂で悩んでいる場合には、豊胸手術が必要です。

胸の形が悪くてブラが選べない

着心地のよい下着を探すのに一苦労する、形よく見せるブラが欲しいけれど選び方がよくわからないことなどのお悩みを持つ方がいらっしゃいます。本来女性の下着は、女性のコンプレックスを解消する手助けをしてくれるものです。ある程度の形は矯正することができますが、胸の形が悪く下着では矯正できないという場合には、豊胸手術が必要になります。美容外科にチェックしてもらうことが必要になります。

結婚婚活に向けた豊胸手術の特徴

結婚婚活に向けた豊胸手術は、以下のような特徴があります。完成期限が決まっていることが多く、急いで手術する場合が多い。どうせ手術するなら大きいほうが良いと、大きめのバストを希望されることが多い。勢いで手術を希望されることが多い。豊胸手術について十分理解しないで誤解されている場合があります。術後トラブルにならないように、十分な説明を受けて手術に臨んでください。

結婚や婚活に向けた豊胸手術のデメリットやリスク(稀なものを含む)

  • 内出血を認めることがあります。
  • 手術部位に血腫を形成することがあります。
  • 傷が目立つことがあります。
  • 痛みが継続することがあります。
  • 乳房全体または一部に知覚鈍麻を生じることがあります。

結婚に向けた豊胸手術症例のビフォーアフター写真

結婚に向けた豊胸手術

術前

術後47日目

28歳、未婚。結婚に向けた豊胸手術
症例経過:胸の多少の膨らみはあるものの、自分の体形に合わせると物足りなさを感じていた症例です。翌年には海外での結婚式が決まり、これを機に理想の胸になって、最高のウエディングを迎えたいというご希望から来院されました。何軒かクリニックに足を運び、豊胸手術と言っても人工乳腺バッグの他に、ヒアルロン酸や自己脂肪注入など、様々な方法があることを知り、自分の理想に近づく方法は何かと悩んでいました。診察したところ、多少の胸のふくらみはあるものの、比較的大柄な体形を考慮に入れると、胸の大きさは小さめであると考えられました。本人の理想の大きさに近づけるためには、人工乳腺バッグによる豊胸手術が最適と考え、手術を行いました。ふっくらとした胸を作ることができ、水着も着こなせるようになりました。結婚式に向けて準備が整いました。
症例解説:もともとある程度の大きさがあっても、外見的な胸の魅力を高めたい、結婚や婚活に向け最高の自分を演出したいということから豊胸手術を希望する方がおられます。ひとくちに豊胸手術といっても、その方法は多岐にわたります。仙台中央クリニックでは、様々なご希望に合わせて、理想の胸に近づけるために、様々な内容を紹介しています。今回もふっくらとした胸を希望とし、水着やドレスを着こなしたい、旅行する機会が多いなど、自分のこだわりやライフスタイル合ったより安全な手術をご提案しました。ふっくらとした胸を作製するにあたり体質や体型はもちろんですが、今後の妊娠や出産のことなども考慮する方法を選ぶことも大切です。豊胸手術は術後の痛みや腫れが続くリスクやデメリットを認めることがあります。効果には個人差があり、効果を保証するものではありません。術前に十分な説明を受けてください。

 0票
▲PAGE TOP